人気ブログランキング |

914馬鹿夫のバイク道楽♪

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

爆笑 真壁2018

参戦してきました。
前日まではRSで参戦予定で、キャブのジェット調整で準備万端でしたが
N山さんとS藤さんからタイガーで来てね!と熱望され、急遽入れ替えです。

が、前回カブに乗ったのは1年前。そう去年の爆笑以来です。
去年はたぶん優勝してますが、ブレーキが効かない状態だったので
フロントばらして、調整、参戦となりました。
何故か煙は吹きますが、エンジンは好調な感じです。
c0136877_20160797.jpg
当日は最高の天気。
c0136877_20435920.jpg
で、上記の理由で今日はN山さんとラウンドします。あと最近よく一緒にラウンドする三四郎さんのTYもご一緒。
大先輩に遊んでもらいますw
c0136877_20192166.jpg
N山さんは、名車OSSAです。
実は私もOSSAには強い憧れがあり、実車入手を企んでました。
そのため、スペインからタンクシートを先んじて輸入して拝んでいたのですが
N山さんが先に入手されたため、お譲りしました。
OSSA飽きたら、こちらまで宜しくお願いしますと約束してw。

で、マシン談義をしていると、三重からミタニ爺がわざわざ余りもので組んだけど
良くできたから乗ってみろ!とバイクをもってきてくれました。
c0136877_20350462.jpg
シフト、ブレーキが逆配置のカブになれるため、朝練したのちに乗ってみろ!ときたので
正直操作感覚が戻ってしまう!!と思いながらも、鷲ヶ岳ぶりにミタニ爺の作品を味わいます。

で、これがスゴい!。エンジンの味付けも素晴らしいですが、ビックリサスペンションです。
モノサスマシン並に感じます。車重も軽く、どこでも走破できそうな性能です。
今回の大会に参加して、最大の収穫はまさにこの体験です。
しっかり五感にこのマシンを刻み込み、次のRSセッティングに活かすと決心しました。
私は幸せ者かもしれません。

で、大会です。
まあ、当日初めて乗るバイクで結果を出せるほど器用ではなく、チョコ足ではなく
意図的に足だしで1LAPは走破。それでもエンジンがまあまあなので、楽しく走れました。
c0136877_21022006.jpg
順位はどこかで、いつか分かるでしょうw
c0136877_21063829.jpg
こいつも次はここをこうして・・は何点も浮かんできましたが
他のもあるし、これは長期戦で改善するマシンなので
今年はこのままでいきますか。。


by yoshida914 | 2018-11-26 21:10 | T20 | Comments(2)

ポルシェの車検

また車検の年になりました。
陸運局ではいろいろ良くないニュースもあり、車検は厳しくなっていると噂もあり、
悪いことはしてないのですが、古い車のオーナーとしては心配が増えます。

心配事としては、
 ①排ガス
 ②想定外の保安基準不適合指摘
 ③サイドブレーキの制動力

①に関してはキャブの調整に関して熟知しているので深くは心配してません。
②に関しては、超古い車なのでウインカーの色やウオッシャー噴射機能・・
 いろいろ検査官と問答を過去してきました。その繰り返しが嫌ですね。
で、一番心配しているのは③です。
前回の車検では合格しましたが、新車時代がからこのキャリパーを利用したフェラーリとポルシェの
サイドブレーキ制動力は国内で厳しいようです。

なので、前回車検からもう少し制動力を上げる工夫をしてみました。
c0136877_19025537.jpg
詳細は記載しませんが、レバー比を変えて締め付けモーメントを上げました。
効くようになったかはそんなに解らないのが正直なところです。これは予備検の
トルクメーターを見て確認してみます。
c0136877_19002052.jpg
が、レバー比を変えたため、ハンドの引き代が当然増えます。
私のポルシェは初期の初期型。部品の設計も凝っていてハンド部分も2軸になっていて、
引いた後はレバーが下げられる構造です。この内部が増加した引き代に対応できず
一部壊れてしまいました。修復しましたがさすが西ドイツ製。この辺も部品まで
熱処理した固い金属ばかりでキリで加工するのも大変。さすがでした。。
c0136877_19004439.jpg
これを外すには運転席も外す必要もあり、兎に角大変。ただし日本車のシートと比較して
超軽量にシートも製作されていて、ちょっと取り外したとき感動しました。

で、陸運局に予約を入れて、会社に年休を出して車検当日は降水確率10%でしたが
朝から土砂降りでした。雨の日は乗らないので車検はキャンセルです。
せっかくなので、足車で書類と状況確認で陸運局へ。

書類作成は簡単なのでチョイチョイ終わらせて、検査コースで見学。
確かに厳しそうです。
車好きに見えるサニートラックのお兄さんが、ブローバイ処理で注意を受けてます。
くわえて巻尺で車寸法まで取られてます。こわい。。
厳しくなったのは本当の様です。

で、翌週恥を忍んでもう一度年休依頼を行い、車検にいどみました。
湿度の低い晴天で最高。
今回から予備検査場を変更しました。理由は今までの場所は住宅街にあり、また狭苦しいので
嫌になりました。

新しいところは広々です。
到着し、車を停めて受付に行こうとすると、職員のみなさんが
珍しい!とざわついて見てました。
で、お金を払って検査レーンにいれて光軸は少し修正しましたが、
気にしていたサイドブレーキの制動力は問題無い値を示しました。
改善が報われました!!
で排ガスはお約束で最初は超過するのですが、ここの予備検査場の職員は
調整できます!と元気いっぱい。ちょっとびっくりです。前に行ってた所はぶっきら棒にできませんよー
って所でしたからね。

車珍しいですねーなんて話しながら調整してましたが、要領得てないので
結局、私がこれをこうやってね・・・って教えながらCOを調整、一瞬で規定値に入って
お店の人も驚いてました。

なので、この後本番の陸運局では一発合格!でした。缶コーヒーが美味しい瞬間です。
c0136877_19012013.jpg
前回から合格車両は検査レーンを出た所で新しい車検証とシールを発行されます。
色々変わってますね。。

で、かれこれキャブ調整など経験、勘で長期間遊んできましたが
いい年なので、ちゃんと測定する道具もそろえてみました。
運輸省認定のテスターです。
新品では低か70万近くです。中古で10-20万くらいでしょうか?
そこまで投資はできませんが、たまたま海外で超安価で中古品が販売されてました。
早速輸入してみました。。が、
c0136877_19013536.jpg
早速分解です。ガスを吸い込まない、リークしてそう、液晶も線がはいっちゃう。
数万で購入できたので、仕方ないです。なので分解修理を試みます。

排ガスのホースが各所ひび割れを発見、これで吸引できていなかったようです。
c0136877_19014054.jpg
あとはスモッグポンプも1ケ動きが怪しかったので分解して人感センサ(口でくわえて空気の流れをチェック)で
異常を発見したので、分解洗浄。完治(笑)

液晶だけは完治しませんが・・・・
c0136877_19015014.jpg
使えるようになってきました。
もうちょっと整備したら、標準ガスを入手してキャリブレーションして
本格的に利用してみましょう!

そうそう、行きつけのスーパーカーの工場長に本件自慢したところ
俺は昔70万くらいで購入したぞ!と。
やっぱりプロの道具は高かったんですね。。。



by yoshida914 | 2018-11-17 19:43 | 4輪 | Comments(0)