914馬鹿夫のバイク道楽♪

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

多摩テック

最後の週末です。

07年の秋に初めてTL50で走行して、今年の1月から会員に。
とっても早かった。。
家からは少し遠かったですが、基礎練習を行うには最適の場所でした。

最後の週末だと思うと朝も早起き、5時50分には起きてテックに向かいます。
今日は今までになく渋滞も激しく、テックに到着、練習開始は9時になってしましました(涙)

練習のテーマは引き続き、ステップの押し出しです。
前回より斜面でのフロントアップ走行も長距離持続。
ステアからの飛降りでも、前後同時に着地するテクニックが使えることも。。

ツインショックの方(名前失念、ごめんなさい)にセクションを作っていただき、そこでチャレンジ。
くだり上りの超タイトターンで、初転倒!マシンにダメージはありませんでした。

とうさん、みんせいさんも到着です。
c0136877_20361190.jpg


その後、私にとっては超高所ステアと丸太せり出しステアを絡めたセクション。
挑戦するまで時間かかりましたが、クリアできました。



森さんはステアだけでなく、ターンもメキメキ上達してます。しかも下り斜面でもフロントアップ!
メキメキ上達してます。やるなぁ~

レミゾーさん、静さんは昼ごろからデモ観戦、遊園地エンジョイコースに移行しましたが、
私と森さんそして師匠は躊躇?しながら練習継続です。

するとにわかに練習場にオーラが。
ガッチさんが練習に現れました。夕刻4時からここでデモがありますが、それより早く現れました。
みんな勢力的にガッチのそばでライディング。当然私も(笑)
c0136877_19245339.jpg


さすがにガッチが練習していると見学されるかたも多くなってきます。
けっこう年配の方が多いです。
すると、結構話かけられます。RSに乗っていた!珍しい!といった方が多かったです。
中には今も所有されていて、10月のツインショック大会でお会いできる方も。(H野さん)
RSはおじ様のアイドルのようです(笑)

4時に近くなると本多選手(先生)も到着、皆さん本番に備えて練習開始!
練習にでるときガッチさんが、そばにいたのですが、「こうゆう(RS)バイクの走行しているのもみせてあげてください!」と実は言われました。
派手な走行はできませんが、恥ずかしながらターン主体でブンブン!走りました(恥ずかしかった!)。

で、デモは凄かった!


デモが終わって記念撮影。
一般の方との記念撮影が終わってから、みんせいさんはいつの間に会員での撮影依頼をされてました。
c0136877_20433473.jpg


朝からずいぶん時間が経ちましたが、明日テック仲間で最後のコンペを実施予定なのですが、
私は参加できないので、本当に閉園までの最後の走行を惜しむべく、
暗くなってからも今までになく練習。

ガッチさん、本多先生も走ってます。
この時間になるとほかに走っているのは、森さん、私他、少数に。
本多先生と二人きりで会話も。今思えば、いろいろ教えてもらえば良かったですが、
あのまぶしい笑顔に男の私もドギマギ(笑)
両人の激しいロック練習の横で、私はビギナーラインのロックを地味に、味わいながら走行。
最後の走行を凄い方々と一緒に走れる。涙・・・

今日が、今までで一番、テックで練習しました。
正直いつまでも走っていたかったですが、終了です。

短い期間でしたが、トライアルの世界を教えてくれた多摩テックに感謝。
多くの出会いを演出してくれたことにも感謝!
また、いつか形は問わず復活してくれることを祈りつつ・・

48年間、ありがとうございました!



附)練習終了後、ここで本日お会いしたH野さま宅まで往年のR用の名品を受取に(笑)
  お宝いっぱいでした♪
  とーさん、アルミのTL用マフラーご入り用ではありませんか?H野さんがお気遣いされてましたよ!
[PR]
by yoshida914 | 2009-09-27 20:55 | RS200TF | Comments(14)

基礎練♪

昨日は道楽三昧の旦那として、罪滅ぼしの意味で
妻と海でデート。
磯場で遊んで、海産物を食べて・・・

そして今日旦那はテックへ(笑)

テックの営業も本当にあと少し。練習、練習です。
RSもポテンシャルが高いので、いろんなセクションにチャレンジできそうな予感も。。

師匠にはターン主体のセクションを作っていただき、
タイトターンするためには、逆ハングオン!でターンを。
太ももが笑ってました。

が、今日のテーマはステップの押し出しがテーマで練習に。
皆さんが派手に練習する山裏で、秘密裏に練習を(笑)



RS使いのYさんも来ていたので、今日はRSブラザーズでした。

さて、今週末はテックでイベント。
TLかRSか、どっちにしようかな・・・
[PR]
by yoshida914 | 2009-09-23 20:53 | RS200TF | Comments(4)

才能の片鱗

土曜に多摩テックから来週のイベント案内と、モンキーのピンズが届きました。
営業最後の案内と、会員へのプレゼント。。
本当に最後なんだなぁ・・と感慨深くなってしまいました。

07年に小さなTL50で門戸をたたき、いろいろ学んだこの場所。
思わず日曜はGTのセッティングをしよう考えてましたが、RSもいろいろセッティングしていたので
調子を見に行く事にしました。

c0136877_1948199.jpg


RSに乗るのは今日で二回目(笑)
前回はストレスのたまるシェイクダウンでした。
①レスポンス悪い②曲がらない③アイドリングが上がったり、下がったり、うるさい。。。
印象はあまり良くなかったですが、今回は・・・

【改良点】
既述事項の対策は・・・
①点火時期調整
②フォークの突き出し量増加
③油面調整、ヒートガード設置
④排気音は点火時期調整したら、静かになりました。
⑤ハンドルも5.5インチで高さUP!

今回の改良は結構いい方向に出ました。
レスポンスはかなり良くなって、TL50と同様、軽いボディアクションとアクセルで
フロントが浮くようになりました。これならステアも今までのタイミングで超えられます。

ロックも走りましたが、ハンドル幅があるので、抑えが効きます。
TL50の時より、クリーン率、アップです。が、グリップは縄文式の固いものなので
ちゃんとしたグリップに変えないと、手くびへの衝撃が多い。交換かな。。

現在はタイヤがカチカチ状態なので、グリップはプアーですが、新品タイヤに変えたら
かなり戦闘力あがりそうです。

そうそう、今日はブログで知り合った○さんがテックで見学です。
お話もして、ターンなども拝見しましたが、お上手です。
実戦も交えて練習したら、あっという間にいい成績だと思います。
ウカウカしてられませんー♪
c0136877_2193253.jpg


休憩しているとテックのスタッフが来週のイベント準備でノボリを設置に。。
悲しい・・・

RSも戦闘力があることが分かったし、新しい出会いもあったし、良い週末でした。

附)本日初めてマーカーを自分で考えて設置しました。
  テーマを持って作りましたが、性格が出るなぁと思いました。
  ○さん、コケさせてごめんなさいね(笑)
[PR]
by yoshida914 | 2009-09-20 21:11 | RS200TF | Comments(12)

シリンダー交換

イギリスから輸入した酷いシリンダーを随分前にホーニングしておきましたが、
それに合わせたピストンも入手。
せっかくなので組み上げることにしました。

そのまま組み上げると圧縮比も上がって高回転での吹きあがりに影響が
出ることを恐れ、ポート形状も変更してみました。

コンセプトは交換前と同じ圧縮比です。
ところが、過去ドリーム50の時に酷使したリューターのスイッチが発熱して、
止まらなくなり、排気ポートの高さを一部分しか、目標高さに変更できませんでした。。
高さは1.5mm増し、幅は1mm増しの加工が目標でした。

で、組みにくいGTのエンジンでしたが、慣れてくるとキャブも付けたまま2気筒分
一気にばらせるという事もできました。
c0136877_20572484.jpg


組み上げて、キックを何度かしてみると、圧縮比がかなり上がってしまったようです。
大丈夫かな・・・

試走すると、メインジェット77.5のままだったため、燃料足らず。
といっても高回転が楽に回る気配でもなし。
でも発進時のトルクはモリモリです。
プラグの色はキツネ色!怖いので、至急メインジェットを買いに行きました。

今度は85で組んでみました。
ニードルの位置は一番高くして、試走開始。

今度はいい感じに加速します。
8000から10000rpmは今までにないトルク厚盛りで一気に加速!
速い!

帰宅してプラグをみると・・
c0136877_2123783.jpg

写真でみるより、もっとキツネ色です

もっと濃くできるかもしれません。
どこまで、化けるかな・・・(笑)
c0136877_214464.jpg

[PR]
by yoshida914 | 2009-09-19 21:04 | GT125 | Comments(7)

座学のテック

エンジンのパワー感が落ちたなぁ・・と最近感じていたGT。
悩んでいてもしょうがないので土曜に開けてみました。

c0136877_205858.jpg


シリンダー内に傷もないし、ヘッドもきれい。
他にいろいろ確認してみると、エアクリーナの吸気量を増やすための小細工が
元に戻って吸気量が不十分になっている事が判明。
良かった・・・


日曜はテックにみんな集まるとの事で、私も。
今日のテーマはステアを上がる際の伸びあがり。
ノースラインさんが撮影したイーハの映像をガン見していると、師匠の動きは
やはり無理がありません。自分の動作と比較すると・・ひどいものです。

この画像最後のステアは低く、何てことないようですが、よく見ると下り坂の途中でのステア。
師匠がさりげなくピョン!と飛んでましたが、リクエストして飛んでもらいました。
これは難しいハズ・・・


c0136877_216041.jpg


やはり上手い人はモテルらしい・・・

で、私は今日はコレでした・・・
c0136877_2174377.jpg

体は元気なのですが、脳ミソが疲れ気味。チュルチュルテックで怪我をしてもいけないので、
トライアルなしです。

レミゾーさんからは【超いい音!録音したい!】と、オーナー冥利に尽きる褒め言葉。
良いセンスしてますね、レミゾーさん、只者ではないなぁ。。

往復で90km程度無事に完走です。妻には途中で壊れるんじゃないの?って
脅かされましたが、朝の高速巡航国道、帰路の渋滞もOK!
帰りには信号で並んだ古いトレノ(2TG)のオーナーと会話しながら。綺麗って褒められました(笑)

残念なのはGTブラザーズの1京都さんがGTオーナーの卒業を迎えることです。
短い間でしたが、楽しかったですよ~

秋には次のマシン、ホンダ縦型ミニで再度バトルですね。

帰宅後、RSを小整備。
ハンドルが低かったので、5.5インチのハンドルに変更。
c0136877_21185732.jpg


あとはフォークオイルの量を調整。
エンジンもレスポンスよくなったので、近所でフロントUPをチャレンジすると、
最初より軽く上がるように♪

ただ、マシンを傾けるとエンストすることが判明したので、フロートレベルを調整しないと
ダメみたいです。

未だ、戦えないぞ・・・
[PR]
by yoshida914 | 2009-09-13 21:21 | GT125 | Comments(12)

点検、調整・・・

今週末は出社を決意しました。
やることいっぱい。会社でも自分の時間が少ないので
たまには休日出社で、落ち着いて仕事を・・・

という事で、土曜はバイク、日曜は会社として今週末は過ごしました。

まず、GT。
以前と比較して、加速感が鈍った気もします。
GTに関しては、気が許せないので、早めに点検。

先ず、オイルポンプ。
所定の吐出量があるか点検です。
c0136877_1910556.jpg

注射器のシリンダーを利用し、オイル供給。
2分間の吐出量を測定(@2000rpm)。
規定量出てました。OK!

先週イーハで週末を道楽三昧していたので、このあとは家の資材の買出しへ。。
GTに頑張ってもらいます。私は大きなリュックで洗剤など重量物を背負って・・・
c0136877_19143210.jpg


GTも思い切り加速させて調子を見たかったですが、荷物が崩れそうなのでやめました(笑)

GTはここまでにして、帰宅後、RSへ。
RSはテックで1度走行してから放置プレイ。
プチレストア中から、気になる箇所もあったので少し改良。

c0136877_19165644.jpg


テックではアイドリング不安定だったり、マフラーから煤が多かったのでキャブの点検。
二次エアの点検。特に悪いところはなかったですが、フロートレベルを少し調整。

次にマフラーの膨張室の真上に金属製のエアクリBOX。この配置だとキンキンにBOXが熱くなってました。
吸気温が高くなって始動時など燃調が定常時と大きく異なることを想定し対策。

ヒートプレートを作ります。膨張室との間に設置して垂直上向きの放熱から影響を受けにくいようにします。
熱負荷計算では上向きに熱が逃げる際の熱量が馬鹿にできないことを少し知ってます。
c0136877_19231027.jpg


トタンを切りだして、端面を板金。ダクト職人さんが現場でやっている方法を真似て、4面折り返してしあげました。
エンジン始動して停止して、熱の影響を試してみましたが、今まではエアクリBOXがキンキンに熱くなるのが
かなり、防止されてます。

その後、試走してジェットの調整。かなり濃い症状で、レスポンスも悪く、アクセルの付きも悪いので
スローを38→35に。
同時に点火時期を確認すると調整範囲で最も遅く調整されてました。これじゃあ・・・
双方修正して、フロントアップをテストするとTL50にはかないませんが、アクセルワークときっかけ動作で
クラッチを使わず、ポン!と浮くようになりました。ハアハア・・・

c0136877_19305347.jpg


この程度では未だ戦えないぞ。。もっと調整しないと・・・
[PR]
by yoshida914 | 2009-09-06 19:31 | GT125 | Comments(4)

第33回イーハトーブトライアル!!その2

さあ、競技スタートです。

今回のネリでは、あの黒山健ちゃんが同一コースを走行するそうです。
会えるか楽しみです。密かにファンです(笑)

第1、2セクションは簡単でした。と、言っても最初はさすがに緊張です。
この緊張感も大会独特ですね。
マシン、ライダーも進化してますので、楽勝!と思っていましたが、
今年のセクションは違ってました。
昨年の私でしたら、大冒険だったでしょう。

以下に記憶に残ったセクション備忘録を(笑)
内容に関係なく、写真も交えて・・・

★ロックセクション
ロックなんか無いと思ってましたが、ロックの下り、上りを交えた渋いセクションが。。
でも、テックでロックの上り下りを練習していたおかげでクリーンはダメでしたが4点でアウトできました。
 【考察】ロックの下りは速度制御で確実に降りる。
参加者がかなり下りで転倒、足付きを多発してましたが、TL50で足をつかずに下れたのは高評価です。

c0136877_22441330.jpg


★移動セクション
昨年は、マーカーなんか目に入らず、景色、雰囲気に飲まれっぱなしでした。
今年はマーカーを見つけて走行できました(笑)

c0136877_2245724.jpg


★登坂路と丸太の組み合わせセクション
ダメですね。腰が引けます。フロントを上げましたが、丸太にヒットして棹立ちに(笑)
テックに同じような場所ありますが、練習不足でした。フロントをあげるタイミング、タイヤの当て方(当てない超え方)を復讐する必要がありそうです。うむむ・・・

c0136877_22453435.jpg


★架空ステアセクション
これは勉強になりました。木が中に浮いた片持ち状態で存在するステア。
こんなのは超えないルートを考えてましたが、他のルートだとその先のステアを振り上がりしないと越えられません。他の方のマネして浮遊マルタを超えて、クリーンできました。
なるほどなァ・・

c0136877_2246918.jpg


★大木ステア
しかも動く大木でした。進路に一寸だけ斜めに配置されていたかもしれません。
斜めにステアを超えたらリヤが横方向にとばされる事を予測して、直角にステアへアタック。うまく越えられました。少し目が肥えたかしら(笑)

c0136877_22465260.jpg


★スーパージャイアント
超急斜面の下り、上りセクション。これは正直エスケープしようかと思いました。
ここのセクションでは、あの黒山さんが陣取ってました。
厚かましくも、黒山さんにネリラインのお手本を見せていただけませんか?とお願いしたところ、走ってくださいました!(ブドリラインでしたが)
アドバイスも受け、斜面に正対、加速で進入がポイントとのこと。
アドバイス通り、見事クリーンする事ができました!パチパチ♪
師匠はアンダーパワーで登坂できませんでした。ポート研磨しましょう(笑)

c0136877_22482124.jpg


★新たな出会い
トマトセクション(地元の方から差し入れを受けることができるところを勝手に命名)をカッコ良く?クリーンする事ができました。マシンを降りてスコアカードに記入していたところ、青年に話しかけられました。TVの取材?と思って、ニマニマしていると、
TL50のオーナーでこのブログを良く見てくださっているとのこと。満面の笑みで
「嬉しいなあー!」と喜んでくださって、写真撮影、握手といった感動の出会いがありました。ただの道楽、執念で作ったTL50のファンが存在していたことに嬉さをかくせません!

★チャンピオンの言葉
こんなシーンがありました。


c0136877_22485418.jpg



コンクールでもさして注目も浴びないマシンですが、凝視してくださる方も。。。
さあ、誰でしょう?








そうです!


c0136877_22535942.jpg


黒山さんです。
「これはすごい!」
との言葉をかけてくださいました。深い意味は分かりませんが、いい方向に解釈します。
今まで改良した箇所の概略を説明して、悦にいります(笑)
あこがれのライダーの目にTL50の存在を知ってもらっただけでも超感動です。

★回顧
今年は197台参加で83位でした。昨年は115位。進歩はしたようです。

c0136877_22494728.jpg


セクションインする際、いろんな要素で集中力が欠けたセクションはほんとに不本意な結果。集中力が不足してます。

下見という行為をしていながら、バイクに跨った瞬間に、狙ったラインを忘れる痴呆癖。
悪癖が多いです。
しかし、今回は移動中に先回りして、みんなの写真を撮ったり、ツルツル登坂路でほかのライダーを助けたりと周りを見ることも少しできるようになった気がします。
今後、私がどこまで進歩できるか分かりません。
TL50の性能は、私より上を行ってるのは間違いない状態。
練習して私とTL50の最大限パフォーマンスを引き出し、最高の結果を残す。
来年の目標はそこに置きます。



c0136877_22501732.jpg

愛機TL50、2年連続完走、頑張りました!!
[PR]
by yoshida914 | 2009-09-02 22:50 | TL50 | Comments(15)